消費者志向自主宣言

2021年10月19日
MaLon
代表 濱崎誠司

(1)理念

「もっと楽しく、簡単に」をモットーに必要な人に必要な情報を届けることを理念としています。

過剰消費のように、本当は必要でないものは選ばない選択を行う。
そうすることで、お客様、お取引様、従業員が納得し、満足するサービスを提供して行きます。

(2)取組方針

代表の方針

代表自身が消費者や利用者の声に耳を傾けたり、ユーザーの行動を分析したりすることで、満足度の向上に努めます。

コーポレートガバナンスの確保

消費者や利用者から頂いたご意見は、内部でシェア、協議の上、今後の活動取組にアップデートします。

社内スタッフの連携と意識向上

社内スタッフは、消費者や利用者が知りたいことを意識したコンテンツを制作すべく、マニュアル研修を通した意識向上を図ります。

消費者と双方向の情報交換

消費者や利用者からご意見を頂けるようにお問い合わせを設置。
満足度の高いコンテンツ制作を行うため、不定期にアンケートを実施します。

(3)フォローアップ活動

メディアの訪問者、利用者の行動を解析し、ユーザーの行動に沿ったアップデートを行っています。

頂いたご意見やご相談に対して、迅速に回答できるように質問数が多いものはテンプレートを作成します。
トラブルにならないよう勘違いしやすい内容については、予めプライバシーポリシーやQ&Aの設置を行い、利用者と誤解が生まれないように改善、品質向上に努めます。

より良い継続的な発展を遂げるために、消費者、利用者の声を聞き、改善に取り組んでまいります。